HOMEへ戻る

◆地球にやさしく、家計にプラスの節約生活地球にやさしく、家計にプラスの節約生活

  大気中のCO2の増大により、地球温暖化が深刻化しています。
  節電、節水、省エネルギー型の製品を使う、家庭から出るゴミを減らす、車の
 アイドリングをやめるなど、家庭でできるCO2削減方法はたくさんあります。

  こまめな節約は、家計にもプラスになって一石二鳥。
  できることから始めてみませんか?


   【アイドリング】:自動車などのエンジンに負荷をかけず低速で空転させること。
 暖機(だんき)運転。
  ここでは、荷物の積み降ろしや休憩中に車のエンジンをつけた状態のままにすることを
 指します。
  ガソリンがムダになるばかりでなく、排気ガスによってCO2が排出されるため、長時間
 車を停めるときは、カギを抜いてエンジンを停止させましょう。


◆暮らしのムダを省く

  待機(たいき)電力の削減、水やお湯を流しっぱなしにしないなどは、節電・
 節水の基本。
  待機電力とは、電化製品を使用していなくてもプラグを差し込んでおくだけで
 消費する電力のこと。

  家庭で消費する電力のうち、10%以上はこの待機電力だと言われています。
  使っていない電化製品はプラグを抜く、ひんぱんに抜くとプラグやコンセントが
 傷みそうなものは、スイッチ式節電タップを使うことで待機電力を削減できます。

 バックナンバー「節電の豆知識」

  節水には、ふだんから水やお湯を出しっぱなしにしないよう心がける他、水道の
 ハンドル部分にあるコマを節水コマにする、お風呂のシャワーヘッドを節水型に
 する等の工夫でずいぶん変わってきます。

 バックナンバー「節水のすすめ」

  まずは、環境省が推奨する「家庭でできる地球温暖化対策」を目標に。
  家庭で以下の取組みを行うと、我が国の温室効果ガス排出量(1990年)を2.8%
 削減できるとのこと。全部実行できれば、家計も年間4万円以上プラスになります。

 環境省ホームページ「家庭でできる地球温暖化対策」

HOMEへ戻る