HOMEへ戻る

◆底値メモで賢く倹約しよう底値メモで賢く倹約しよう

  食品や、いつも使う日用品はできるだけ安い価格で買いたいもの。
  まったく同じ商品がA店で198円なのに、B店では248円、C店では
 298円で売られていることも。
  たかが100円、されど100円。わずかな金額でも毎日積み重ねると
 大きなロスになります。

  よく買う商品は「底値メモ」をつけておくと、節約に役立ちます。
  「シャンプー398円:○○ストア」「玉子98円:○○スーパー」と
 いったふうにちょこちょこメモしておくと便利です。

  ただ、在庫処分のワゴンセールやいつもより特別に安いバーゲン
 など、ふだんはありえない価格のときもあります。
  底値に固執して「絶対底値でなければ買わない!」と思いこむと
 また大変なので、あくまで底値は目安程度にとどめましょう。

  同じ製品でも一見安そうに見えて、内容量が従来品より少なめに
 なっていることもあるので、1gあたり何円か計算してそれもメモして
 おくとムダな出費が減ります。

HOMEへ戻る