◇精神科外来医療費の自己負担が5%になる制度 精神科外来医療費の自己負担が5%になる制度
 最近急増している、うつ病などの精神疾患。
 精神疾患は、長期に渡る通院や、病気で休職することにより、
 患者の方の医療費の負担が重くなりがちです。

「通院医療費公費負担制度」(精神保健福祉法 32条)は、そんな
 精神疾患患者の医療費の負担を軽くするために設けられた制度です。
 痴ほう、てんかん等も含む精神疾患患者がこの制度を利用すると、
 通常3割負担の医療費の自己負担が5%(0%の場合もあり)に減ります。

 申請するには医師の診断書が必要ですので、詳しくは医師、
 保健所、もしくは市区町村にお問い合わせ下さい。

*精神保健福祉法 32条は近々見直しされる予定です。
 法律改正後、患者負担率が引き上げられ、世帯収入によっては
 制度が利用できない場合があります。
節約の雑学へ戻る

HOMEへ戻る