年収300万円の私の節約術TOPへ戻る

電気節約方法 電気節約術まとめ

「基本料が半額!」60Aから30Aに契約アンペアを変更する世帯が激増中
 こんなニュースが飛び込んできた2012年夏。
 現在東電のHPには「現在ご契約アンペアの変更についての申込みが集中し、 当社アンペアブレーカーの在庫が不足しております」と書かれているとのこと。
 ただ、しょっちゅうブレーカーが落ちる家庭では、極端に契約アンペアを下げると不便でストレスがたまるため、よく考えてからご検討を。

夏の節電対策まとめ
 断熱(結露防止)シートを使う
「断熱シート」「窓ガラス結露防止シート」を利用すると冷房(冬期の暖房も)効果が上がり、節電になります。
 結露防止シートなら結露によるシミ・カビも防げ、一石二鳥。
 冷房の温度を1℃高く、暖房の温度を1℃低く設定するだけで、電気料金は年間約2,000円節約できるとのこと。
 【楽天市場】断熱シートで検索

 遮熱(しゃねつ)カーテンを使う
 断熱シートと併用するとさらに効果的なのが、熱を遮断するカーテン。
 日中でも使えるレースのカーテンを遮熱カーテンにするのがおすすめ。暑さが厳しくなる前に前もって準備しておくとよいでしょう。
 断熱シートも遮熱カーテンもホームセンターで手に入ります。
 【楽天市場】遮熱カーテン レースで検索

 省エネで長寿なLED電球に交換
 消費電力が大きいだけでなく、つけると熱を出す白熱電球。
 今使っている白熱球をLED電球に交換するだけで、大きな節電に。
 出始めは高価だったLED電球ですが、現在は価格も下がり、手に入りやすくなりました。
 たとえば、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」ではLED電球製品が798円から販売されています。
 玄関やリビング、寝室など用途や好みに合ったLED電球を上手に使い分けましょう。
 【楽天市場】LED電球カタログ

   緑のカーテンで熱と光を遮断
 ゴーヤーなどのつる植物を育て、緑のカーテンで窓をおおうようにすると、光と熱を遮断します。ゴーヤーの他、キュウリやトマトなど食べられる植物を育てると食費節約にも。
 ただし、無農薬だと虫がつくので、虫が苦手な人はご注意を。
 緑のカーテン - Wikipedia

 省エネエアコンに買い替え
 エアコンは家庭で使う電気製品で使用量が最も多く、全体の約4分の1を占めるそうです。
 古い製品を使っているとそれだけムダな電力を消費していることも。
 気になる方は、この機会に省エネエアコンに買い替えを検討しては?
 こまめな掃除や、エアコンの室外機の設置場所に気を配ることも忘れずに。「エアコン 掃除」「エアコン 室外機 節電」のキーワードで検索すると、掃除の仕方や室外機を置く場所のヒントを見つけられますよ。
関連バックナンバー「電気節約方法 電気節約術まとめ<2>」

年収300万円の私の節約術TOPへ戻る