「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

◆安くておいしい。この食材でもう一品安くておいしい。この食材でもう一品

  <玉子でもう一品>
  今月はピンチ!というときの強い味方の玉子。
  それだけにワンパターンになりがちで、飽きられることも。
  いつものメニューにひとひねり加えてみませんか。

 温泉玉子の簡単な作り方
 玉子はあらかじめ冷蔵庫から出して、常温に戻しておきます。
 温泉玉子は玉子を60度〜68度ほどの温度で20分〜40分程保って作ります。

 1個作りたい場合
 カップめんの容器に玉子を入れ、お湯を注ぎ、皿でフタをして20分〜40分キープ。
 (玉子を入れたお湯が60度〜68度ぐらいになるように調節する)
 たくさん作りたい場合
 鍋に新聞紙(キッチンペーパーでもOK)を数枚敷き、60度〜68度ほどの温度のお湯で
 玉子を20分〜40分ほどゆでます。(温度計できっちり計る)
 →どの作り方も面倒!という時は温泉玉子メーカーを利用する方法もあります。

 温泉玉子を使った美味しい料理
 お好みの濃さに割った市販のめんつゆでそのまま。
 また、ピラフ、チャーハン、ラーメン、カレーライス、カルボナーラなどのパスタ料理、
 ハンバーグ、焼きうどん、焼きそば、ぶっかけうどんなど。
 普通の料理も温泉玉子をトッピングすると、レストラン風になりますよ。

  <鶏むね肉でもう一品>
  比較的いつでも安く手に入る「鶏むね肉」。
  でも、そのままだと淡白な味わいで、ブロイラー独特の臭みも気になりますね。
  ちょっとひと工夫すると、メインのおかずやお弁当に使えて便利です。

 塩漬けチキン
 →鶏むね肉を薄く開き、味がしみこみやすいようにところどころフォークで刺します。
 鶏むね肉1枚に塩小さじ1をすりこみ、ひと晩寝かせます。
 コショウ、または好みで一味トウガラシを軽く振って、弱火のグリルかオーブン、
 またはフライパンでこんがり焼いてできあがり。
 (ひと晩寝かせることで臭みが抜けます。細かく切ってパスタやチャーハンの具にも。)

 酒かす味噌漬け焼き
 →鶏むね肉を薄く開き、味がしみこみやすいようにところどころフォークで刺します。
 生酒かす150g(柔らかいもの)、味噌50g、酒大さじ1、みりん大さじ1を混ぜ合わせ、
 なめらかになるまで練り、鶏むね肉をひと晩つけこみます。
 (*このとき、鶏むね肉をガーゼにくるんでおくとなお良い)

 表面の酒かすをきれいに落とし(*水で洗わない)、弱火のグリルかオーブンで
 こんがり焼いてできあがり。(とても焦げやすいので注意!)
 残った酒かすは2〜3回使えます。

 ゆずこしょう焼き

 →鶏むね肉を薄く開き、味がしみこみやすいようにところどころフォークで刺します。
 塩コショウを振って軽く下味をつけ、ゆずこしょう小さじ1を全体にまぶします。
 弱火のグリルかオーブン、またはフライパンでこんがり焼いてできあがり。

  【安くておいしい。この食材でもう一品】は、書きかけです。
  随時加筆していく予定です。

節約レシピ一覧に戻る

「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る