「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

「豆乳のコーンスープ」

 更年期や生理不順に効くと言われる大豆イソフラボン。
 豆乳で美味しく摂取できます。 
 
 材料2人分(材料費約200円)

 調整豆乳300ml、クリームコーン缶詰小1缶、塩、コショウ各少々、
 食パン1/2枚

 食パンは1センチぐらいの小さな角切りに切って、テフロン加工の
 フライパンで薄いキツネ色になるまで乾煎り(からいり)して、クルトン
 (スープの浮き実)を作ります。
 豆乳とクリームコーン缶詰を鍋に開け、かき混ぜながらあたためます。
 味見をしてみて塩が足りなければ塩、コショウを振ります。
 カップかスープ皿にスープを注ぎ、クルトンを浮かせてできあがり。

「さつま汁」

 冷蔵庫に残りがちな根菜を使って。
 野菜たっぷりで、疲れた胃にやさしい一品です。 

 材料2人分(材料費約160円)
 
 残り野菜(ごぼう、大根、にんじん、れんこんなど)好きな分量
 さつまいも小1本、タマネギ1/2個、豚バラ薄切り肉2枚、白みそ少々 
 
 皮を取ったごぼう、れんこんは食べやすく切り、酢水にさらして
 アクを抜いておきます。
 さつまいも、大根も同じように食べやすい大きさに切ってから、
 水にさらしておきます。にんじん、タマネギも薄くスライスします。
 なべに下処理をした野菜を入れ、かぶるぐらいの水を加えて火にかけます。  
 なべが沸とうしたら、3センチの長さに切った豚バラ薄切り肉を加え、
 途中でアクをすくいながら弱火で煮込みます。
 野菜が柔らかくなったらみそを加えてできあがり。

*さつま汁は一度冷ましてからあたため直したほうが、野菜にみその味が
 しみこんでおいしくなります。こんにゃくを入れても美味。
「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

  *食べ物のアイコンは以下のサイトからお借りしています。
NOM's FOODS iLLUSTRATED - 食材イラストのデパート