「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

「さつまいものモンブラン風」

 市販のカステラで、簡単にできるケーキ。
 余ったらオーブントースターで焼いてスイートポテトにもできます。 

 材料2人分(材料費約300円)
 さつまいも1本(約200g)、砂糖大さじ2、生クリーム大さじ1、卵黄1個分、
 バター小さじ1、バニラエッセンス1〜2滴

 カステラ2切れ、生クリーム100cc、砂糖大さじ1/2、あれば栗の甘露煮

 さつまいもは皮をむいて小さ目の乱切りにし、ボウルの水にさらしてアク
 抜きをします。
 濡れたままのさつまいもを耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジで
 5〜6分、柔らかくなるまで加熱します。
 熱いうちに、さつまいもをポテトマッシャーか木べらでつぶします。
 つぶしたさつまいもをなべに入れ、砂糖、生クリーム、卵黄、バターを
 加え、よく混ぜ合わせたら弱火にかけて練り上げます。
 おろしぎわにバニラエッセンスを加えて混ぜ、冷ましてからしぼり袋に
 入れます。(*面倒でなければうらごしもすると、なめらかな仕上がりに)

 砂糖を加えて泡立てた生クリームを、カステラの上にこんもりとスプーンで
 のせ、その上にしぼり袋に入れたさつまいもを細くしぼり出し、モンブラン
 風に飾ります。あれば栗の甘露煮(市販品)を飾って、できあがり。
*カステラ以外に、市販のカップケーキやマフィン、プリンを使っても。
「芋ようかん」

 食物繊維とビタミンCが豊富なさつまいもを使った冷たい和菓子。
 さつまいもとレモン汁があれば簡単に作れます。

 材料2人分×2回分(材料費約280円)
 さつまいも2本(約400g)、三温糖または上白糖60g〜80g、レモン汁少々

 さつまいもは2センチ程度の輪切りにして、皮を厚めにむきます。
 レモン汁を入れた水に10分ぐらいさらしてから、蒸し器で20分〜
 30分蒸します。
 電子レンジの場合はラップをかけて7〜8分柔らかくなるまで、
 火を通します。
 熱いうちにポテトマッシャーかすりこぎでつぶし、砂糖を加え、
 粘り気が出るまでよく練ります。
*味見をしてみて甘さが足りないと思ったら、砂糖を足します。

 四角い型に入れて、あら熱が取れたところで冷蔵庫で冷やし
 固めます。
 固まったら、普通のようかんのように切り分けていただきます。

*型がなければ、牛乳パックをきれいに洗って乾かして、側面を
 切り取り、ガムテープで口部分をふさぎ、型を作ります。 
 少しずつラップでくるんで、栗の甘露煮(市販品)を包んで口を
 キュッと結び、茶きん風にして飾っても見た目が可愛らしいです。
節約レシピ一覧に戻る

「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る