「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

「塩カルビチャーハン」 

 前の日に焼肉で残った塩カルビを使って。
 アツアツ作りたてをいただきます。

 材料2人分(材料費約100円)
 塩カルビ50g、長ネギ1本、サラダ油大さじ1、レタスかサンチュ4枚、ご飯2杯、
 しょうゆ小さじ1、玉子1個(お好みでレモン汁小さじ2)

 塩カルビ(味付けされていない肉は塩、コショウ、ごま油で味付けする)は
 食べやすい大きさに切っておきます。
 熱したフライパンにサラダ油を引き、溶き玉子を入れて、半熟炒り玉子を
 作って皿に取っておきます。
 続いて塩カルビを炒め、肉に火が通ったらご飯を加え、よくかき混ぜながら
 さらに炒めます。
 材料がよく混ざったところで、刻んだ長ネギと手で大きめにちぎったレタスか
 サンチュ、半熟炒り玉子を加え、途中で味見をしてみて塩気が足りなければ
 塩、コショウを振ります。
 仕上げにしょうゆをジュッと加え、できあがり。
 食べる直前にレモン汁をかけても美味しくいただけます。
「アサリとキノコのライスカレー」

 アサリの水煮とキノコをさっと煮込むだけ。
 貝とキノコからダシが出るので、短時間で美味しいカレーができます。 

 材料2人分(材料費約300円)
 
 キノコ類(シメジ、エリンギ、エノキダケ、シイタケ等その時安いものか
 冷蔵庫の残り)、バターひとかけ、タマネギ1/2個、アサリ水煮缶詰小1缶、
 水1カップ、市販の好みのカレールー2皿分、ご飯2皿、福神漬け少々

 キノコ類は石づきを取ってさっと洗い、適当な大きさに切っておきます。
 タマネギは薄くスライスします。
 熱したフライパンにバターを溶かし、タマネギ、キノコ類をさっと炒め、
 アサリの水煮缶詰を汁ごと加えます。
 水1カップを加え、ひと煮立ちさせたら好みのカレールーを加え、とろみが
 出るまで煮込みます。(水分が多い時は入れるルーを増やします) 
 あつあつのご飯をお皿に盛って、カレーをかけて福神漬け少々を添えて
 できあがり。
節約レシピ一覧に戻る

「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

*食べ物のアイコンは以下のサイトからお借りしています。
NOM's FOODS iLLUSTRATED - 食材イラストのデパート