「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

「お好み串揚げ」

 材料は冷蔵庫の残り物でOK。
 卓上フライヤーがあるなら、食卓で作りながら楽しくいただけます。

 材料2人分(材料費約200円)

 ねりや(玉子1個、薄力粉カップ1/2、牛乳、または水50cc)、揚げ油適量
 はんぺん、ちくわ、豚肉、タマネギ、ピーマン、かぼちゃ、さつまいもなど
 (冷蔵庫の残り物で串揚げの材料になりそうなものだったらなんでも。
 肉類は軽く塩、コショウを振っておく)パン粉適量、とんかつソース適量、
 好みでレモン、塩など

 玉子、薄力粉、牛乳、または水を混ぜ合わせ、トロッとした「ねりや」と 
 呼ばれる串揚げのパン粉をつける前のころもを作ります。
 串揚げの材料を食べやすい大きさに切って竹串に刺し、ねりやをくぐらせ
 たら、パン粉をつけて170度ぐらいの揚げ油できつね色になるまでカリッと
 揚げます。
 とんかつソースやレモン汁、塩など好みの味付けでいただきます。

*材料は少し小さめに切り、竹串の半分ぐらいだけ刺したほうが上品に見えます。
 破裂する恐れのあるししとうなどは切り込みを入れて。
 なすなどの色のきれいな野菜は、半分だけねりやとパン粉をつけて
 素材の色を見せると美しく仕上がります。
「一口カナッペ」

 サンドイッチ用薄切り食パンにお好みの具をのせて。
 食べやすいのでパーティメニューにピッタリです。 
    
 材料2人分(材料費約320円)
 
 サンドイッチ用薄切り食パン4枚、バター少々、ハム4枚、サラダ菜4枚、
 スライスチーズ4枚、プチトマト4個、マヨネーズ少々

 食パンは耳を取って、縦に半分、横に半分に切り分けるか、クッキー用の
 丸い型があればそれで型抜きして、軽くトーストします。
 (パンの耳はフレンチトーストや、カリカリに焼いて黒砂糖を煮詰めて作った
 蜜にからめてかりんとうにしたりして、捨てないでください)
 小さく切ったパンにバターを薄く塗っておきます。
 野菜を水で洗ってから、ふきんかキッチンペーパーでよく水気をふき取り、
 サラダ菜は食べやすい大きさにちぎって、プチトマトはヘタを取ってから
 半分にスライスします。
 ハムとスライスチーズは好みの大きさや形に切るか、星型やハート型の
 抜き型で抜きます。
 バターを塗ったパンの上に、野菜、ハム、チーズ、マヨネーズを彩りよく
 飾ってできあがり。 

 *具材は冷蔵庫の残り野菜のキュウリ、貝割れ菜、レタス、パセリ、
  クレソン、ゆでたピーマン、パンに合いそうなものならなんでもOK。
  ローストビーフ、から揚げ、チャーシューなどの残りもあれば、
  小さく切って上にのせると見栄えがします。
  生クリーム、ジャム、フルーツをのせた甘いカナッペも作れます。
節約レシピ一覧に戻る

「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

*食べ物のアイコンは以下のサイトからお借りしています。
NOM's FOODS iLLUSTRATED - 食材イラストのデパート