「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

「たこ焼き風天ぷら」

 たこ焼き風の生地をさっと揚げて天ぷらに。
 何故かしっかりご飯のおかずになるのが不思議です。 
 
 材料2人分(材料費約100円)
 
 ゆでだこの足50g、長ネギ、紅ショウガのみじんぎり各大さじ1、
 天かす大さじ1、小麦粉1カップ、玉子1個、冷水1/2カップ、揚げ油適量

 ゆでだこの足は食べやすい大きさに刻んでおきます。
 玉子と冷水をボウルで混ぜ合わせ、長ネギ、紅ショウガのみじんぎり、
 天かす、たこを加えて更に混ぜます。
 ボウルに小麦粉を加えて、練らないようにさっくり合わせ、かき揚げの
 要領でスプーン1杯分ずつ揚げます。
 油をよく切ってから、天ぷら用敷き紙かキッチンペーパーを敷いた
 お皿に盛り付けてできあがり。
 *ソースやマヨネーズ、かつお節、青のりを添えてもおいしくいただけます。
 「椎茸(しいたけ)の変わり天ぷら」

 生椎茸に魚のすり身を入れて揚げた天ぷら。
 鍋物用のタラなどの白身魚のすり身を使うと簡単に作れます。
 
 材料2人分(材料費約150円)
 生椎茸4個、白身魚のすり身(市販品)80g、小麦粉1カップ、玉子1個、
 冷水適量、揚げ油適量、お好みで塩か天つゆ、大根おろし

 生椎茸は石づきと軸を取って、ふきんなどで汚れをふいておきます。
 (軸は他の料理に使います)
 椎茸の笠の内側に、小麦粉少々(分量外)を茶こしでふるってまぶします。
 白身魚のすり身は4等分にして、椎茸の中に詰めこみます。
 冷水に玉子を加えて1カップにし、ボウルでよく混ぜたら小麦粉を加え、
 ところどころ粉が残る程度に軽く混ぜて天ぷら衣を作ります。
 中温の油で、すり身をつめた椎茸に衣をつけてからりと揚げます。
 油をよく切って、塩や天つゆ、大根おろしなどといただきます。 
 *椎茸が大きい時は、すり身の分量を増やしてください。
「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

  *食べ物のアイコンは以下のサイトからお借りしています。
 NOM's FOODS iLLUSTRATED - 食材イラストのデパート