HOMEへ戻る

◆高額療養費委任払い・貸付制度高額療養費委任払い・貸付制度

  突然の病気やケガは誰にも予測できないもの。
  手術や入院には想像以上にお金がかかります。

  医療費が高額になった場合、国民健康保険に加入している人は患者
 負担限度額を超えた部分はあとで払い戻されますが、金額によっては
 すぐには用意できないこともあります。

  医療費が高額過ぎて支払えないときは、「高額療養費委任払い制度」
 または「高額療養費貸付制度」を利用できないか検討してみましょう。

 「高額療養費委任払い」とは、国民健康保険から直接医療機関に高額
 療養費を支払うことによって、患者の窓口負担を軽減する制度です。

  また、高額療養費の支払いが困難なときは、高額療養費支給予定額の
 範囲内で無利子で貸し付けもしています。
  それが「高額療養費貸付制度」です。

  「高額療養費委任払い制度」についての詳細は、役所の国民健康保険課
 などにお問い合わせください。
  (病院によっては制度を適用できない場合もあります)

「関連バックナンバー 病院で使えるクレジットカード 」

「関連バックナンバー 医療費控除で税金を取り戻そう 」

HOMEへ戻る