バナー 10000118

■身近な家電の節約術 年間100万円貯まる節約術!バックナンバー
 ふだんなにげなく使っている家電製品。
 ちょっとした工夫で電気料金が節約できます。
◇アイロンはまとめて短時間で
 家庭用アイロン(1200W)は、1時間使用で約26円の電気代がかかります。
 毎日1時間アイロンがけをしたら、ひと月で約780円。

 これを1日おきにするだけで、ひと月約390円の節約になります。
 アイロンは電源を入れた状態で放置しても電気代がかかるので、他の家事を
 しながらのアイロンがけもやめましょう。

 一日おきぐらいでまとめて一気に、余熱も利用すれば、電気料金は確実に
 安くなります。 
◇ドライヤーも時間短縮で
 髪を乾かすドライヤー(1200W)も、意外と電気代がかかる電化製品です。
 家族全員で朝晩1日30分使ったとして約13円。ひと月で約390円。

 洗髪後はタオルである程度乾かして、少し生乾きの状態で仕上げたり、
 たまに自然乾燥すれば電気料金が節約できます。 
◇ホットカーペットは低温設定、断熱シートで節約
 ホットカーペット(強設定で500W)は断熱シートを敷いて、低温設定で。
 シートは安いものでも保温効果が高まります。
 強を弱にするだけで、1時間約11円の電気代が半分になります。
 また、半分の面積のみ暖める機能があれば、それを利用するのも暖房費
 節約になります。
◇暖房器具はこんなに電気代がかかる
 ●電気ストーブ
  強で1000W、弱で500W。1日3時間、弱設定で約33円。一ヶ月で約990円。
  冬期3ヶ月使用で2,970円の電気代がかかります。

 ●ハロゲンヒーター(扇風機型暖房器具)
  強で800W、弱で400W。1日3時間、弱設定で約26円。一ヶ月で約780円。
  冬期3ヶ月使用で約2,340円の電気代がかかります。
 
 このように、熱を利用する家電製品、暖房器具は電気代が高いものが多い
 ようです。
 わが家では、電気ストーブ、こたつは電気代がかかるので手放しました。
 石油ストーブが一つあるだけです。

 一般家庭でここまでする必要はありませんが、余計なものは買わない、そして
 電気代がかかり過ぎる家電製品は、あまり使わないようにするのが一番です。

 最近、家電製品は電気代節約タイプも出ているので、購入する時は消費電力も
 考えて、省エネタイプを選べば得します。  
 そして、こまめな節約が今まで無駄にしていたお金を取り戻してくれます。

*電気料金は、東京電力の従量電灯(第2段階電力量料金)単価21.78円として
 計算した、おおよその目安です。
 また、家電製品の消費電力はその製品によって異なります。

HOMEへ戻る