HOMEへ戻る

◆医療費負担が減る「自立支援医療制度」医療費負担が減る「自立支援医療制度」

  平成18年4月から施行された「障害者自立支援法」。
  この制度によって、うつ病やてんかんなどの精神疾患のため継続的に
 通院している患者の自己負担が軽減されるようになりました。

  健康保険を使って医療費を支払った場合、3割負担となっているものが、
 1割負担となります。
  世帯の所得水準に応じて、一ヶ月辺りの負担額に上限が設定されて
 いますが、医療費の負担を軽くするためにぜひ活用したい制度です。

  詳しくは「厚生労働省:障害者自立支援法について」をご覧ください。
  また、うつ・不安啓発委員会がうつ病に関する詳細な情報提供を目的
 として立ち上げた公式ホームページである「UTU-NET(うつネット)」の
 『「うつ」生活お役立ち情報』でもわかりやすく解説されています。

  utu-net (うつネット)

HOMEへ戻る