年収300万円の私の節約術TOPへ戻る

「いかめし」

 駅弁で人気のいかめし。もち米といかがあれば簡単に作れます。
 煮るのは数分。あとは炊飯器まかせで光熱費も節約しましょう。

 材料2人分(材料費約350円)
 いか(小ぶりのもの3〜5杯)、もち米カップ1/2、しょうゆ大さじ5、砂糖大さじ1、みりん大さじ3、水カップ3(600CC)


 もち米を洗って1時間水につけておきます。いかは内臓やくちばし、足の吸盤を取り除いて下処理します。

 水につけたもち米はザルで水気を切り、細かく刻んだいかの足と混ぜ合わせます。

 いかの胴の部分に刻んだいかの足を混ぜたもち米を入れて、つまようじで止めます。(もち米は煮るとふくらむため、いかの胴の半分ぐらいが詰める適量)

 しょうゆ、砂糖、みりん、水を鍋でひと煮立ちさせたら火を止め、いかを入れます。

 いかを入れて再び鍋が沸とうしたら炊飯器に汁ごといかを入れ、保温で2時間そのままにします。

圧力鍋で10分ほど煮て自然に冷めるまで放置、もしくは保温調理鍋を使うとよりガス・電気代の節約になります。

いかめし
 写真はニ人前、真いかが5杯で198円の特売のときに買って作りました。いかの皮が気になるときは、皮をむいて煮ると仕上がりがきれいです。
節約レシピ一覧に戻る
この記事は「節約生活ブログ」からの転載記事です。

年収300万円の私の節約術TOPへ戻る