HOMEへ戻る

◆青魚の缶詰と納豆で健康的に節約生活青魚の缶詰と納豆で健康的に節約生活

  節約していても、大切にしたいのが家族の健康。
  安くてボリュームがあるからと揚げ物ばかり、手軽で安いからと、
 ジャンクフードばかり食べていては病気になります。

  先日、こんなニュースを見ました。
  「魚を週8食、心筋梗塞の発症60%減…厚労省調査」
  「妊娠中の魚食で赤ん坊の頭脳がパワーアップ」

  イワシやサンマなどに多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)や
 DHA(ドコサヘキサエン酸)が体に良いことはよく知られています。

  イワシやサンマ、サバなどの青魚の缶詰をいつも常備しておけば、
 いつでもさっと食べられ、いざというときは非常食にもなります。
  おかずが少ないと思ったきに、ちょっと添えても良いですね。

  安くて健康に良い食品といえば、納豆もその一つ。
  納豆には、脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)などの
 怖い病気の原因になる血栓を溶かす「ナットウキナーゼ」という酵素が
 含まれ、どろどろの血液をサラサラにする効果が知られています。

  納豆は小分けパックごと冷凍。食べたいときに自然解凍で、いつでも
 食べられます。
  青魚の缶詰と納豆を常備しておけば、現代人に不足しがちな栄養素を
 手軽に補うことができますよ。
  食物せんいが豊富でコレステロールを下げる海そう、旬の野菜と一緒に
 ぜひ食卓に取り入れてほしい食品です。

HOMEへ戻る