◆お金を殖やす個人向け国債・定期預金 お金を殖やす個人向け国債・定期預金


  ボーナスシーズンなど、まとまったお金が入るときこそ、お金を残せるとき。
  今回は「お金を殖やす個人向け国債と定期預金」についてです。

◆1万円から始められる個人向け国債

  ご存じの方も多いと思いますが、安全性の高い金融商品の代表格といえる
 のが、日本国政府が年2回発行する個人向け国債です。

  個人向け国債は、個人であれば誰でも1万円から1万円単位で購入できます。
  利率は、半年ごとに実勢金利に応じて見直され、変動していきますが、
 元本保証で、銀行の定期預金の金利と比べると好利回りです。

  10年満期ですが、発行から1年経過すれば、原則としていつでも日本国政府が
 中途換金に応じてくれるので、いざというときも安心。
  (ただし、途中で売却した場合は一定の金額が差し引かれるため、損をする
 こともあります)

  詳しくは「財務省ホームページ『個人向け国債』のご案内」をご覧下さい。
 「財務省ホームページ『個人向け国債』のご案内」

◆金利の高いインターネット専業銀行の定期預金

  個人向け国債もいいけれど、10年も預けたお金を使わずにいる自信がないと
 いう方には、インターネット専業銀行の定期預金もおすすめ。

  店舗や窓口を持たないインターネット専業銀行は、店舗経費や人件費などが
 抑えられる分、通常の銀行の定期預金より金利が上乗せされるメリットが
 あります。

  インターネット専業銀行のイーバンク銀行 で100万円を期間5年の定期預金
 (年0.45% 税引後0.36%)に預けた場合、5年後満期に受取る利息は22,500円。
  (*利息より20%の税金が引かれます。障害者の方、寡婦年金等を受給されて
 いる方は、非課税貯蓄制度の適用が受けられます。)

    また、新生銀行などで住宅ローン特別金利キャンペーンも実施中なので、
 ボーナスで繰り上げ返済、住宅ローンの負担を軽くするのも一つの手です。
  すずめの涙の定期預金の利息より、ローンの金利を節約するほうが、家計の
 プラスになる場合もあるからです。

「住宅ローンの負担を軽くする特別金利キャンペーン」

◆1口10万円から預けられる懸賞金付き定期預金

  銀行にお金を預けてもほとんど利子がつかない超低金利時代。
  リスクのある投資も不安でというときは、懸賞金付き定期預金に10万円ずつ
 預けておく方法もあります。

  ボーナスシーズンには、一定金額(10万円〜)を銀行の定期預金に預けると、
 もれなく全員にプレゼント、もしくは抽選で現金やお米、旅行券等が当たる
 キャンペーンを実施しているところもあります。

  銀行に掲示されている広告やパンフレット、ホームページで確認を。
  特に、利用する人が限られる地方銀行は、当選する確率も高めで穴場です。

HOMEへ戻る