年収300万円の私の節約術TOPへ戻る
■灯油・暖房費の節約術   年間100万円貯まる節約術!バックナンバー
 原油価格の高騰で、灯油・ガソリンが値上がりしています。
 寒くなるにつれ、灯油・暖房費がかさんで困りますね。
 今回は灯油・暖房費の節約術についてです。 
 
◇扇風機+暖かい肌着+服装で暖かく過ごす工夫
 暖房していると、天井付近は暑いのに下は寒いということがあります。
「冬に扇風機なんて」と思われる方も多いと思いますが、扇風機を使って
 室内空気を循環させれば、効率よく部屋全体を暖められます。
 また以前紹介したように断熱シートを窓に貼ったり、ホットカーペットの
 下に銀色の断熱シートを敷いたりするのも、暖房費節約に有効です。
「バックナンバー 光熱費の節約アイディア」
 そして、暖房に頼るだけでなく、最近は薄くて暖かい肌着が発売されている
 ので、寒い時は肌着にこだわりましょう。
 暖かい肌着プラス暖かい服装で、暖房は今より2〜3度低い設定温度に抑え
 られます。
◇クレジットカードで灯油・ガソリン代節約
 最近、セルフスタンドが増えてきました。
 人件費がかからない分、セルフスタンドは安いですし、たいていは係員が
 ついているので、初心者でも安心です。
 しかし、セルフスタンドでは灯油は配達してもらえないので、買った灯油を
 自分で運ばなくてはなりません。
 
 セルフスタンド利用以外では、買った分の割引きポイントが付くクレジット 
 カードを利用すると灯油・ガソリン代節約になります。
 他にも、毎月サービスデーは5%割引きになるカードを利用したりと、一度
 手持ちのクレジットカードの特典を見てみると、得します。
 ガソリンスタンドでもスタンド独自のお得な会員カードを発行しているので、
 友人や知人の口コミ情報もマメにチェックがおすすめです。


◇省エネグッズで灯油・ガス代節約
 2つ穴のお風呂なら、平成8年度省エネルギー会長賞受賞の「ふろッキー」と
 いう省エネグッズもあります。
 これを下の穴に差し込むだけで、沸かした時のお湯の温度を長時間保ちます。
 プロパンガスや都市ガスで沸かすお風呂の場合、一ヶ月あたり1,500〜3,000円の
 節約効果も期待できるとのこと。
 ガスだけでなく灯油で沸かすお風呂でも、灯油代の節約になります。
「省エネのふろッキー」

■備考
 灯油・ガソリンは都道府県によって価格が異なります。
 一般的に、市街地よりは郊外のガソリンスタンドのほうが安く販売している
 ようです。
「石油情報センター」ホームページで、都道府県別の灯油・軽油・ガソリンの
 価格情報を調べられるので、購入時に参考にしてみてはいかがでしょうか。
「石油情報センター」
 
年収300万円の私の節約術TOPへ戻る