「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る

◆平均貯蓄額以上を目指そう平均貯蓄額以上を目指そう



  「ニュースで、勤労者世帯の平均貯蓄額が1千万円以上と発表されて
  いたけど、本当?」
  「うちの貯蓄額って、世間一般の平均より多い、少ない?」


  総務省が発表した2005年平均の全世帯(2人以上)家計の貯蓄、負債
 状況によると、1世帯当たりの貯蓄残高は平均で1728万円

  ただし、これは数十億もの高額の貯蓄を持つ世帯を含めての統計で、
 データのうち最も世帯数の多い階級では200万円以下

  このデータを見る限り、特別なお金持ちを除けばとりあえず200万円の
 貯金があれば平均以上といえるのではないでしょうか。

  現在は富裕層とそうでない層との格差が広がっているので、
  「うちの貯金は400万円程度。でも、同世代の同僚の平均貯金額は
 約600万円と聞いた。200万円なんて少な過ぎる」
という家庭があれば、
  「貯金ゼロ。ローンもあるし、貯金200万円なんてとても無理……」
 という家庭もあることでしょう。

  現在多少ゆとりがある家庭でも、油断は禁物。
  人生にはなにかとお金のかかる時期と、あまりお金のかからない時期が
 あるので、「貯めどき」こそ頑張る必要があるからです。

  逆に、貯金なんて無理と思う家庭でも家計を見直し、ムダをなくして節約
 すれば、意外とお金は貯まります。
  計画性のある貯蓄はあなたの人生を明るくします。
  まずは、できることから始めてみませんか?

関連バックナンバー「お金を貯めるための心得 」

関連バックナンバー「お金を貯めるコツ 」

 
「年収300万円の私の節約術」TOPへ戻る