■「節水のすすめ 〜水道料金を節約しよう〜」
 節約をするなら、水道光熱費等、毎月の公共料金を減らすのが基本。
 でも、水道料金は地域によって違うので、他の家庭と比べて自分の
 家庭の水道料金が高いのか安いのかよくわからないところがあります。
 TOTOの子供向けホームページ「TOTO KIDS エコ研究所」では
 可愛いイラスト入り解説で家庭の節水チェックができます。
 節水エコチェッカー
 ちなみにわが家の平均的な水道使用量は2か月で21立方メートル。  水道料金2,675円+消費税相当額133円、下水道使用量2,500円+消費税相当額  125円で合計5,433円、1ヶ月あたり2,717円ぐらいです。  水道使用量を2で割って1ヶ月約11立方メートル。望ましい水道使用量は  16立方メートルなので、上手に節水できていると診断されました。  節水のヒントもたくさん紹介されているので、水道料金が気になる方は  一度チェックしてみてはいかがでしょうか。  水道料金は安い地域と高い地域の差が激しいので、雑誌などで見た他の家庭の  料金と比べて、「うちは水道料金が高いから、無駄使いしている」と  考えるより、適正な使用量を知って節水に努めるほうが毎月の公共料金を  減らすのに効果的です。
関連バックナンバー「一ヶ月の食費光熱費平均は?」

節水シャワーで検索
年収300万円の私の節約術TOPへ戻る