HOMEへ戻る

◆ひと月1万円食費を減らす工夫〜疲れているときは〜 ひと月1万円食費を減らす工夫〜疲れているときは〜

■疲れているときは楽して食費も減らそう

  毎日食事を作っていると、今日は疲れたから夕食は外食か出前にしたいと
 思う時があります。
  でも、家族全員だとけっこうお金がかかってしまいます。
  わかっているけど食事を作るのが面倒な時は、楽して食費も節約の、
 ささっとメニューで乗り切りましょう。

◇週末はカレーといった風に決めておく ホテル ミレ・オ・マーレの味をご家庭で!大人の本格カレーライスセット

  カレーは、基本的に肉と野菜とカレールウがあれば作れるので、たくさん作って
 冷凍しておけば便利です。
  鍋で常温保存するとウェルシュ菌食中毒の危険があるそうなのでご注意を。
  飽きてきたら溶けるチーズをのせてチーズカレー、目玉焼きをのせてエッグ
 カレー、カツをのせてカツカレーという風にアレンジを。
  カレーが嫌いでなければ、1週間に1〜2回はカレーにすると決めておくと
 食費節減、手間もある程度省けます。

 *ただし、カロリーは高めなので、生活習慣病などでコレステロールを
 気にする方にはおすすめできません。
  以下の書籍を参考にしてみてください。

 
キムやせ特製・しょうゆラーメン4食セット ◇1週間に1度はめん類の日にする

  同じように、めん類が嫌いでなければ、1週間に1〜2回めん類の日にすれば
 何種類も料理を作る手間が省け、食費の節約ができます。

  うどん、そば、スパゲティ、生ラーメン、焼きそば、ビーフン。
  どれも安く、簡単にできるメニューばかりです。
 肉と少しの野菜があれば、充分1食として通用します。
  野菜不足になりがちなので、緑黄色野菜を添えることを忘れずに。

◇市販のばら売りおそうざいにプラス 和牛串かつ20本入8周年0504

  スーパーやデパートのおそうざいはちょっぴりしか入ってなくて割高ですが、
 天ぷらやメンチカツなどは、1個100円ぐらいからばら売りしています。
  好みの天ぷらを人数分買ってきて小さくカット、丼のご飯にのせて天つゆを
 かけるだけで天丼が完成。

  あとは冷蔵庫の残り物で、青菜のおひたし、野菜炒めやサラダを作れば、
 立派な一食として通用します。

  他に、メンチカツにキャベツの千切り、トンカツソースでメンチカツライス、
 だし、しょうゆ、砂糖でタマネギの薄切りを煮て、串カツを加え、玉子で
 とじて串カツ丼など、2〜300円で手軽な一品が作れます。

お湯を入れるだけ♪おふくろの【おみそ汁】赤みそ1人前(12g) ◇味噌汁、吸い物を添える

  味噌汁は体に良い上に、満腹感を与えてくれます。
  おかずが寂しいなと思う時は、味噌汁を添えて。

  なべで作るのが面倒な時は、だし入り味噌を用意してお椀にお湯で味噌を
 溶き、乾燥わかめや麩(ふ)、長ネギを浮かせれば、即席味噌汁のできあがり。

  長ネギは、時間のあるときにたくさんきざんでおいてふた付きの容器に入れ、
 冷蔵庫にしまっておけば、3〜4日は持ちます。長期保存の時は冷凍で。
 (食中毒予防のため、清潔なまな板、傷のない手で作業して下さい)

  味噌汁に飽きた時は、吸い物、スープに替えます。
  どれも簡単に作れて、物足りない食卓を満足させてくれます。

ささっとメニューは疲れた体も家計も助ける■ささっとメニューは疲れた体も家計も助ける

  外食したり、出前を頼むと、最低でも1人前800円程度はかかりますが、
 今回紹介した方法で一人2〜300円、またはほとんどお金をかけずに
 済ませられます。

  3人家族で1回2,400円以上かかるところが、900円以内で済む計算です。
  週に1回1,500円節約できれば、一年で78,000円。
  ささっと手軽に作れるメニューを覚えて、外食、出前を極力抑えれば、
 確実にお金は節約できます。

*画像は楽天市場の商品です。クリックすると楽天市場に移動します。

HOMEへ戻る