■病院の薬代が約半額になる!ジェネリック医薬品年間100万円貯まる節約術!バックナンバー

 病気やケガで通院。病院の処方する薬代で毎月何万円もかかってしまい、
 病院代がかさんで困っているという方は、病院の薬代が約半額になる
 【ジェネリック医薬品】がおすすめ。
 新しく開発された新薬を先発品といいますが、これに対して【ジェネリック
 医薬品】とは後発品のことです。
 新薬は特許で保護される関係上安くなりませんが、特許期間が過ぎて特許が  切れると、ジェネリック医薬品として安く製造されるわけです。  しかし、ジェネリック医薬品は、成分も効用も新薬と同じと厚生省が認可した  安全な医薬品です。  どうやってジェネリック医薬品に替えてもらうかと言えば、病院で担当医に  薬を処方してもらう時に、「ジェネリックというものがあると聞いたのですが、  この薬はジェネリックに替えることはできませんか?」と相談するだけです。  場合によっては替えてもらえない時もありますが、ジェネリック医薬品に  替えるだけで薬代約半額、窓口で支払う医療費が2〜3割は安くなります。   ●ジェネリックについては、以下のサイトで詳しく説明されています。
もっとジェネリックを知っていただくために

HOMEへ戻る