◆食費の節約 鍋もので節約

安い・調理が簡単・野菜がたくさん食べられる!
 寒い時はあったかい鍋ものが恋しくなります。
 だけど、すき焼きやしゃぶしゃぶ、寄せ鍋といった鍋ものは、
 意外とお金がかかって敬遠しがちではありませんか?
 そんな方に、今回は安い材料でおいしい、節約鍋ものの特集です。
◇常夜鍋
 材料は豚薄切り肉250gとほうれん草1わだけ。
 昆布だしで煮て、ポン酢しょうゆでいただきます。
 簡単ですが、さっぱりとしていておいしい。
 材料費 2人前で約400円
◇おでん鍋
 厚さ3センチに輪切りにした大根1/3本を、米のとぎ汁で下ゆでします。
 かつお節か昆布でとっただし汁カップ3、砂糖大さじ1/2、塩大さじ1/2、
 しょうゆ大さじ1、酒大さじ1に、下ゆでした大根、市販のおでんのタネ、
 ゆで玉子を入れて煮込み、一度冷まして味をしみこませます。
 味がしみたところではんぺんを入れて、食卓のコンロで温め直せば完成。  材料費 2人前で約400円
◇鶏の洋風鍋
 チキンコンソメを溶かしたお湯600ccに、鶏骨付きぶつ切り300g、
 好みの分量の白菜、春菊、ネギ等を入れて煮込むだけ。
 おろしショウガ小さじ1を入れると鶏の臭いが消え、体も温まります。
 材料費 2人前で約350円
◇うどんすき風
 かつお節などで取っただしカップ3、しょうゆ大さじ1、みりん小さじ2、
 酒大さじ1を沸とうさせ、鶏むね肉100g、好みの分量の白菜や春菊、
 ネギを煮込み、うどん2玉を加えていただきます。
 ブラックタイガーエビが1尾50円といった安い時には、2尾ほど加えます。
 材料費 2人前で約400円(エビ入りの場合)
◇湯豆腐
 昆布だしで豆腐を煮て、たっぷりのかつお節とみじん切りのネギ、
 ポン酢しょうゆでいただきます。
 豆腐がメインなので、いつもより少し上等な豆腐を買ってくると、より
 おいしく満足感もアップ。
 無調整豆乳ににがりを加え、自分で豆腐を作るのも良いです。
 材料費 2人前で約300円
◇たらちり
 生たら、または甘塩たら2切れ、豆腐1/2丁、好みの分量の白菜、春菊、
 ネギなどの野菜を昆布だしで煮て、ポン酢しょうゆでいただきます。
 材料費 2人前で約350円
■お金をかけないで作るポイント
・煮込むのは普通のガスコンロで

 カセットコンロのガスは割高。
 沸とうするまで普通のガスコンロで煮込み、カセットコンロは温め直し  程度に使うだけにします。 ・冷蔵庫の残り物を利用する  せり、水菜、三つ葉、キノコ類、ニンジン、白滝、カマボコ。  冷蔵庫の残り物で鍋に合いそうなものがあれば、冷蔵庫の掃除も兼ねて  なんでも入れてしまえば経済的。 ・ポン酢しょうゆはお手製が安上がり  ポン酢しょうゆは基本的にかんきつ類の汁、しょうゆ、だし汁、  みりんがあれば作れます。
 しょうゆ大さじ3、かんきつ類の汁大さじ1、みりん大さじ1/2、  だし汁大さじ2を合わせてよくかき混ぜるだけ。  すだちやかぼす、レモン汁など、好みの材料で自分好みの味付けをすれば、  料理のレパートリーも増えます。 ・高価な道具は必要なし  大きい土鍋は980円〜1,980円程度で買えますが、特に見栄えにこだわら  なければ、底の浅い鍋、フライパン、1個100円の一人用土鍋で充分。  一人用土鍋は、表面に金や銀の塗装のないものなら電子レンジでも使え、  鍋焼きうどんやどんぶりものにも重宝します。  カセットコンロがなければ、普通のガスコンロで煮てからテーブルに持って  いけば、あつあつをいただけます。 ・残ったら冷凍  鍋の残りものには肉、魚、野菜の栄養がたっぷり詰まっています。  残ったら冷凍しておけば、スープ、雑炊、うどんに再利用できます。


HOMEへ戻る